医師専門の転職サイト 比較ランキングTOP5です。
当サイトが医師の方に独自にアンケートをし、算出した結果です。

医師転職ならエムスリーキャリア

エムスリーキャリアは業界最大級である3,500件程度の医師求人を掲載!求人件数が豊富なので様々な条件から求人を探すことが可能です。

≪エムスリーキャリアをおすすめする理由≫
■年間で2,700人以上の先生方から求人相談依頼!
■実際に医師を医療機関に紹介してきた実績数が違う!
■他では紹介できないような条件の求人でも見つけ出してくれる!
■匿名でも病院側と条件交渉を行ってくれるので安心!
■面接をする前からある程度の条件は専任のコンサルタントが交渉してくれる!
といったように、自分では面倒なこともエムスリーキャリアならきちんと丁寧に仕事をしてくれるのが最大の魅力です。

まずは、転職希望医師の登録数、33ヶ月連続No.1のエムスリーキャリアに相談することをおすすめします!
82%の医師が3ヶ月以内に内定を獲得しています。

>>登録はコチラ

医師転職ドットコム

「医師 転職」といえば“医師転職ドットコム”と呼ばれる程、
認知度がある紹介会社です。その人気の理由は、
■ 科目別・地域別に専門性を高め、医療機関のことを理解している!
■ 日本最大級の求人数からタイムリーに紹介してくれる!
■ 紹介する病院に足を運んで徹底的に調べている!
■ 求人票の内容に相違がないことをしっかり確認している!
■ 自分の魅力と価値を的確に病院側に伝え優位な転職を進めてくれる!
■ 自分の価値に適した高い給与と希望条件を満たしてくれる!
メディウェルなら希望の求人を見つけてくれるといった口コミも多く、
一緒になって転職のお手伝いをして頂けます。
>>詳しくはコチラ



MC-ドクターズネット

登録人数は6万人以上と、医師の口コミで広がっているのが
『MC-ドクターズネット』
全国13拠点を展開しており、フットワークの良さをモットーとしています。
コンシェルジュと呼ばれる相談役が、親身になって転職のお手伝いをしてくれるので、長期間に渡って本当に納得のできる仕事を見つけることができるので嬉しといった口コミが多いです。
地方病院の求人案件も多数保有しているみたいですので、エントリーして聞いて見てはいかがでしょうか。
>>詳しくはコチラ




スマイルドクター

スマイルドクターは、東京の求人案件が多く、関東圏で転職したいといった医師におすすめです。転職紹介先の病院の雰囲気・環境等を事前に見学をすることもお手伝いしてくれます。
勤務内容や条件などの希望の求人が見つからない等、
何かお困りのことがあれば、気軽に相談してみましょう!
>>詳しくはコチラ



FAドクター


『忙しい医師の方々の代わりにご新居も探します』そんな思いで、転職に対する手間や面倒等も全て支援してくれます。もちろん、求人数も業界トップクラスなので、 とりあえず登録しておいて損はないでしょう。
>>詳しくはコチラ

転職する迄の流れ

転職する迄の流れをご紹介致します。

[1.ご登録]
転職サービス会社は完全無料で登録できます。もちろん、サービスの利用も無料です。
まずは、登録してサービスを利用したい会社をクリックし、登録フォームにアクセス
入力フォームにお名前、ご連絡先、連絡希望時間、希望科目などを入力下さい。
転職会社でもっている求人案件が異なりますので、複数登録している方が良いですよ。
だいたい60秒で完了できます。登録完了後に、登録受付の自動返信メールが先生のもとに届きます。登録が無事完了したことをご確認下さい。

[2.転職相談]
専任のコンサルタントから、希望や不安をお伺いします。
忙しい先生に合わせて、都合の良い場所までお伺いしてキャリアカウンセリング。
場所は、ホテルのラウンジなど、機密が保たれる場所を選択してくれるので安心です。

[3.求人紹介]
希望条件とキャリア、スキルに合った医師 求人情報をコンサルタントが紹介してくれます。一般のサイトでは閲覧できない非公開求人も面談では紹介してくれます。
院長、副院長、センター長、部長職などの役職求人、突然の欠員や、成約会社の募集など、わけあって公開していない求人が結構あります。

[4.応募・面談]
手間のかかる履歴書作成、面接の日程調整は、転職代理人が最適な段取りで代行します。
応募したい病院をお選び頂いた上で、履歴書の作成、応募、セッティングを行います。
先生の意思を確かめることなく勝手に面接の設定を行うことはありません。
また、面接が進むまでは医療機関が先生個人を特定できないよう、名前、勤務先など
伏せた匿名履歴書を作成し、打診してくれます。ですので、周りに漏れることはありません。
面接については、事前に質問などの対策を行います。面接も同席します。
給料、役職、勤務条件など「言いにくい」条件交渉を、コンサルタントが代行します。
相談しながら交渉を進めてくれるので安心ですよ。

[5.内定・契約]
双方の意思と、勤務条件を書面にて確認していただき、内定となります。
入職後の「言った言わない」のトラブルを防ぐ、三者間の条件確認書を作成します。
文章にして確認できる書類を作成し、トラブルを防いでくれます。
また、新しい職場は不安がつきものです。上司、周囲への切り出し方、仕事の引継ぎ、
退職願をはじめとした各種の手続きなど、退職には様々な段取りが必要です。
そのような手順に関しても医師 転職サイトがお手伝いしてくれます。

医師の給料

民間病院と国立病院と国の石の年収の比較をまとめてみました。

[民間病院の医師]
1,393万円(平均年齢43.3歳)

[国立病院機構の医師]
1,261万円(平均年齢45.4歳)

[国の医師]
1,134万円(平均年齢46.4歳)

民間との差:258.8万円

転職をお考えの方は、民間の病院に就職することをおすすめします。

では、人気の歯科医師の平均給料をみてみましょう。

〇平均年収〇
737万円

〇平均月収〇
52万円

〇平均時給〇
3033円

〇平均賞与〇
104万円

医師組織の構図

医師には、腕一本どこででも1人で働けるイメージがあります。
一方で医師の組織がどうしたこうしたという話もよく耳にします。
医師の組織って何をしてるんでしょうか。必要なんでしょうか。

組織があって、そこに所属する人がいる。それは、所属を命じる決まりがあるか、
所属するとメリットがあるか、どちらかのはずです。
医師として働くには厚生労働大臣へ2年に1度届出が必要ですけれど、
どこかに所属を命じる決まりはありません。
つまり医師が組織に属するのは自発的なことで、
何らかのメリットがると考えて間違いなさそうです。

あなたの主治医はどこに所属しているか知っていますか?
まず、病院に勤務していますね。当たり前です。
ただ、この場合は組織より職場という呼び方がふさわしいかもしれません。
そして一般の人には分かりづらい話ですが、病院と医師との雇用関係を、
通常の企業と社員の関係のように帰属意識が強いものと考えたら大間違い。
一部のブランド病院など例外はあるものの、たいていは派遣社員に近いイメージです。
常勤であっても、若い間は何年か勤めると異動していなくなります
であれば、一般で言うところの派遣会社もあることになります。
それが大学の病院です。
勤務医の多くが自分の本籍と認識しており、市中病院に勤務するのも
医局の指示なら、大学へ戻るのも医局の指示です。

医局と言われてもピンと来ないと思います。
これは、大学の教室(研究室)と大学病院の診療科が一体となったものを指します。
専門的な患者の診療と並行して、医師の教育と輪の斡旋、そして医学研究が行われる場です。

研修を終えた新米医師は、たいていどこかの医局へ入局します。
一般社会でいうとこの企業へ入るのに近いものです。

ほとんどの医師が入局するのは、一人前になるまで先輩に教えてもらう必要があるからです。どこで誰に教わるか重大な問題であることはお分かり頂けると思います。
たいていの施設や指導層の医師が医局と関連づけられていたので、
入局するのが自然の流れでした。医局にいれば働き口を紹介してもらえる
といったメリットがあります。

医師の働き方

医師の現状
医師といえば、社会的なステータスが高く、高収入を稼ぐことが出来、先生と呼ばれる選ばれた者のみがなれる職業として、何気に憧れられている職業です。
しかしながら、現状を見てみると、プライベートを犠牲にし、患者さんのために自身の時間を犠牲にして、身を粉にして働いているドクターが非常に多く見られています。
医療業界に携わっている人間の給与が高いのは、昼も夜もなく働き、緊急の呼び出しなどにも対応しているからと言わざるを得ません。
一般的な仕事とは違い、一般的な医療機関の医師には定時といったものは、ほぼ存在しません。
昼も夜もごちゃ混ぜになった生活をしているため、ある意味で高収入を得られるのは当然なのです。

プライベートを充実させるか給与を取るか
自身の生活を大事にしたいとか、しっかりと休みたいという場合、非常勤医や産業医といった道を選ぶことが良質な選択です。
他にも入院設備のない小規模な医療機関へと転職を希望すれば、プライベートの充実は図れます。
しかしながら、年収の面では、明らかに安くなるというのが現状です。
給与を優先した場合、前述のケースとは逆で、病院側の要求に従い、プライベートをある程度に犠牲をするような働き方をしなければならなくなります。
自身のスキルや経験によっても、年収や勤務時間に多少変化はありますが、基本的には、何を第一優先にするのかを事前にしっかりと決めておくべき仕事だと言えるでしょう。

医師の年収・収入について

勤務医の平均年収
ドクターといえば、さぞかし多くの給与を獲得できていると思っている方は多いものです。
しかしながら、どういった医療機関で医師の仕事をしているのか。
他にもどの診療科の医師なのか。
更に勤務医なのか開業医なのかなどによっても、年収には大きな開きがあるものなのです。
一般的に勤務医と呼ばれる医療機関に所属しているドクターの場合、その年収は1200万円から1500万円前後と言われているのです。
開業医になると、平均年収は一気に高くなり、平均で2500万円というデータが発表されています。
しかしながら、ただ開業をし、勤務時代と同じように診療ばかりをしていればいいのかといえば、そうではありませんし、経営者としての資質も必要になってきます。

30代から年収がアップする
ドクターの年収や収入は、1000万円以上も貰えるので、かなり美味しいと思われがちですが、それは30代以上になり、ある程度にドクターとしての経験があってからの話です。
現在では医学部を卒業するのに6年。
その後にレジデントの期間が2年設けられており、スムーズにいっても、やっと一人のドクターとして認識されるのが26歳前後になるわけです。
それでもベテランのドクターからしてみると、まだまだ一人前とは認めてもらえませんから、その後5年程度、つまりは30代になってから、やっと一人の医師として認められるという状況なのです。
年収に関しても、これと比例するように、20代のうちから1000万円以上をバンバンと稼げているドクターは少ないといえるのです。

医師の転職先の探し方

じっくり探すことが物理的に不可能
医師や看護師、薬剤師といった医療業界の根幹を担っている職種の場合には、転職をするのが当たり前という風潮が高まっています。
年収面に不満などがあるなら、離職して転職をすれば、それを改善することが出来るというのが、ある意味常識として通っているような世界です。
医療従事者は誰にでもなれるわけでもなく、人材不足といった状況が長らく続いているため、一部を除きほとんどが売り手市場なわけです。
どういった条件でもいいというドクターなら、個人レベルの転職活動でも十分に転職を成功に導けるでしょう。
ただ好条件というものにこだわる場合には、やはり個人の転職活動ではなかなかに難しいのです。
というよりも、医師として仕事をしながら、良質な求人をリサーチするといった時間を確保することがまず難しいのです。

少ない時間を有効活用するには
限られた時間をいかに有効に活用するかによって、ドクターの転職活動が成功するのか失敗するのかが決まってきます。
オススメなのは、医師転職に特化した転職エージェントを利用し、条件のみを伝え、求人をラインナップしてもらったり、面接日のスケジューリングから、書類作成サポートなどまで煩わしい作業を全てサポートしてくれるようなエージェントを利用することです。
こういった手厚いサポートを受けることが出来れば、医師としての仕事をしながらでも、十分に転職を実現させることが可能なのです。

嘱託医募集とは

嘱託医は便利屋さん
嘱託医は、公共機関や医療機関などから依頼を受けて、医療行為を行うタイプの医師です。
基本的には、個人クリニックなど小規模な医療機関の開業医に嘱託をされるケースが多いですね。
例えば、小学校などで定期的に行われている健康診断や、予防注射などはほとんどの場合が、嘱託医によって任されています。
つまりは、需要は確実にあるけれど、その頻度が毎日や毎週といったような定期的な頻度ではない場合に、嘱託というスタイルを取って対応をしているのです。
他にも、医師不足により存続が難しい総合病院の特定の診療科を週に何度か任されるといった嘱託のスタイルも存在しています。
ニーズがある時にだけ呼び出される、いわゆる便利屋さんのような医師が嘱託医になります。

フリーランスや定期的なスポット求人を探している方にオススメ
前述のような特徴があることから、1つの医療機関などに縛られず、フリーランスのドクターとして活躍したいといった方や、夜勤や当直といった典型的な医師の働き方をしたくないといったような方。
他にも定期手にスポット求人で働きたいといったドクターにはオススメの医師求人と言えるでしょう。
前述にもあるように、ほとんどの案件は、学校施設などの健康診断や企業などにおける健康管理といったものが主になりますから、難しい仕事を任されることは、ほとんどありません。
こういったことから、還暦を迎えたり、一線を退いたドクターなどに人気の高い求人になります。